子連れドイツ生活に便利なネットショップ&ネットスーパー☆おすすめ6選

ドイツのネットショッピング、オンラインサービス

 

びつこ
Mia

こんにちは!ドイツに駐在中のMia(みあ)です。

日本ではAmazonや楽天市場、ネットスーパーなど、インターネットショッピングは今や生活に欠かせないサービスです。似たようなネットサービスはドイツにもあり、私自身も積極的に活用しており海外生活の大きな助けになっております!

当ページで紹介するサービスは、登録から注文までの流れがシンプルなサービスばかりなので、いまいちドイツ語がわからなくても利用しやすいと思います。

この記事は以下の方にお勧めです

ドイツでインターネットショッピングを利用したい方
子供連れの買い物が大変と感じる方

インターネットショッピング

いわゆるネット通販になりますが、コロナのロックダウンでお店が営業中止になった時はずいぶんお世話になりました。

Amazon.de

日本でおなじみのAmazonのドイツ版。日用品や衣料品、家具家電や子供の玩具など、大抵のものがこのサイトで揃います。ありがたいことに英語で商品検索が可能です。

サイトの構成はほぼ日本のものと同じですが、アマゾンジャパンのアカウントを持っていても、アマゾンドイツの会員とは全く別物なので、新たにアカウント登録をする必要があります。

アマゾンドイツにもAmazonプライム会員制度がありますが、日本と違ってプライムに入れば確実に早く届くわけではないのでご注意を。(配送業者のトラブルが多いため)

我が家は以前、追加料金を支払って早めの配送を頼んだにも関わらず、配送業者のトラブルで2週間も到着が遅れた上に、支払った送料の追加料金分は一切戻ってこなかったことがありました。

びつこ
Mia

ドイツでは高い料金を支払ったからと言って、相応のサービスが受けられるとは限らないのです。

配送トラブルは日本に比べると心配な面は多いですが、それでも何かと便利なので、是非利用することをおすすめします。

Mediamarkt

MeiaMarkt(メディアマルクト)はドイツの大手家電量販店です。生活家電は大体ここで揃えました。店内は日本で例えるとヤマダ電機やケーズデンキのような雰囲気。オンラインショッピングもあり、宅配か店舗受け取りの選択が可能です。

コロナ対策中のドイツの家電量販店MediaMarkt

看板にはマスク着用とコロナテストの結果の提示を求めるよう書かれている。

店舗は現在コロナ制限のため、入店には陰性証明とマスク着用が必要です。店舗入り口前にある「ONLINE-ABHOLUNG(オンライン受け取り)」は陰性証明がなくても受け取ることがができます。

ドイツの家電量販店MediaMarkt

ONLINE ABHOLUNGは、オンライン注文の店頭受け取りを意味する

オンラインショッピングはゲストとして会員登録なしでも買い物が可能です。購入する商品をカゴに入れ、受け取り方法と氏名、連絡先、支払い方法を入力すればOKです。

食料品・飲食系

ネットスーパーやウーバーイーツのような食料品・料理の宅配サービスを紹介します。

Rewe(ネットスーパー)

REWEはドイツの大手スーパーマーケットで、お手頃価格で良質な食料品が豊富にそろっています。REWEではオンライン注文で自宅まで届けてくれるサービスがあり、ウェブサイトまたはアプリから注文が可能です。

最小注文額は50ユーロから、配達時間帯や注文額に応じて配送料金※1が変わります。注文額が80ユーロ以上になると配送料金が安くなり、120ユーロ以上になると配送料金が無料※2になります。

※1 配送料金は0ユーロから5.90ユーロまで。
※2 指定する配送時間帯の範囲が広い場合のみ。

びつこ
Mia

我が家は小さい子供が2人おり、子連れの買い物はかなり大変でした。もっと早く利用すればよかった!

店頭に比べると品揃えはやや少なめですが、飲料などの重たいものを家まで届けてくれるのはとてもありがたいです。

Lieferando(フードデリバリー)

Lieferando(リーファランド)はドイツのフードデリバリーサービスで、日本でいうUber eatsのようなサービスです。子供連れだとレストランで食事をするのはなかなか敷居が高いですが、リーファーランドを使えばお家で色々なレストランの料理を楽しめます♪

提携しているレストランは多いので、料理が種類豊富に選べるところも魅力的。

配達料は0~1.5ユーロで、最低注文価格が店ごとに決まっています。注文方法も食べたい料理を選び、連絡先を支払い方法を入力するだけで良いのでとても簡単です。

スマートデリ(日本食材の宅配)

ベルリンにお住まいの方におすすめのサービス。日本食材を配達してくれるお店です。日本人が経営されており、配達もお店の人が持ってきてくれるので配達トラブルはほぼなく、対応も丁寧なので安心して利用できます。

注文明細書には、一つ一つに商品確認のチェックマークが入っているのに感動しました(笑)

いや日本では割とよくあることですが、ドイツではそんな丁寧に配送してくれるところはほぼなく、トラブルなく届けば安心という感じなので。

配送料は地域によって異なりますが、ベルリンの場合は最低40€以上で2€の配送料、70€以上の注文で配送料が無料になります。※変更される可能性があります

お弁当も注文できるので、鯖の塩焼きや焼き肉弁当など日本食が恋しくなったとき、食材と一緒に頼むのもおすすめ。

松竹オンラインショップ

デュッセルドルフにある日本食材のお店です。ドイツ全土どこでも配送料は50€以上で送料無料なのが魅力的。日本食材店やアジアスーパーが近くない!という地域でも、ドイツ国内であればお家に日本食材を届けてくれます。

品揃えが豊富で、アジアスーパーでは見かけないものもたくさんあります。お米や調味料を買い揃えば割とすぐ50€以上になるので、まとめ買いをしてみてはいかがでしょうか。

ドイツのネットサービス利用時の注意点

以上おすすめのインターネットショッピングをご紹介させていただきましたが、一つ注意することがございます。

それは配送トラブルが尋常なく多いこと。

日本ならまずあり得ないようなトラブルが、ドイツでは当たり前のように起こります。

例えばAmazonでは、配送業者が住所を見つけられず勝手に持ち帰ったり、不在の場合は勝手に近所に届けて完了にされたりしたため、配送が大幅に遅れました。

ネットスーパーでは中身がちょっと足りない、微妙に違うということがたまにありますが、いちいち取り合っていてはキリがないので、ちゃんと揃っていたらラッキーくらいに考えておいた方がいいと思います。

リーファランドでは、配達員のミスで注文したものが全然違ったということがよくあるため、受け取りの際に必ず確認するようにしています。

びつこ
Mia

配送に関しては、日本と同列に考えると痛い目を見ます!

夫

英語やドイツ語でトラブル対処ができるようになるまでは、店頭受け取りを選ぶ方が確実かもね。

サービスを利用すると何かしらトラブルが起こるため、最初の頃はパニックになりましたが、最近ではトラブルに遭えば「あぁ、またか…。」トラブルがなければ「今回はラッキーだった♪」と思うようになり、慣れとは恐ろしいものです。

それでも自宅にいながらものを届けてくれるのは、子連れにとっては本当にありがたいサービスなので、リスクを承知しながらもちょくちょく利用しています。

日本の配送業者は、配達時に不在でも何度も無料で確実に届けてくれるのは本当にありがたいですね。帰国したら配達員さんには頭が上がらないと思います。。。

以上、ドイツで利用できるネットサービスをご紹介しました!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました